HOME > 学生生活・進路 > 授業案内(シラバス)

学生生活・進路

授業案内(シラバス)

6年制の薬学科では、薬剤師免許を取得して、病院や調剤薬局、あるいは行政や公衆衛生の分野で、指導的な立場に立てる薬剤師の育成、医薬品の開発職や治験協力者として、医療の発展に貢献できる人材の育成を目的としています。本学科に続く、4年制の大学院博士課程(先端医学薬学専攻)では、臨床薬学に基礎を置いた少人数の研究・教育を行うことにより、大学や研究所で薬学の教育・研究に従事する人材、企業で医薬品の研究・開発に従事する人材、高い研究能力を医療の発展に生かすことのできる薬剤師の育成を行います。

4年制の薬科学科では、4年間の薬学基礎教育に加えて大学院修士課程2年間の少人数での薬学研究教育を経て、創薬研究や医薬品開発に能力を発揮できる人材の育成を目的とします。修士課程に続く3年間の大学院博士課程(先端創薬科学専攻)では、薬学研究教育をさらに積み重ねて、創薬研究や医薬品開発あるいは大学や研究機関での薬学教育・研究に必要な問題解決能力や広い視野に立った独創的な発想を身につけた人材の育成を行います。また、グローバルに活躍する人材育成のために学部・大学院を通し様々な英語能力強化プログラムを実施しています。

各年次で履修する主な専門科目は下記の通りです。1、2年次で履修する科目は4年制の薬科学科と6年制の薬学科で共通で、主に薬学の基礎となる専門科目を履修します。一般実習は、2年次後期から3年次にかけて行われ、実験技術の基礎を習得します。さらに1、2年次に千葉大学全体で開講される普遍教育科目から、外国語や情報処理科目などを学びます。4年制と6年制の履修科目が分かれるのは3年次からです。4年制の薬科学科に進級した学生は、生命科学や創薬科学に関連する専門科目を重点的に履修することになります。こうした座学に加え、4年次から各研究室に所属し、特別実習(卒業論文のための研究)を行います。一方、6年制の薬学科の場合、3年次から、主に薬剤師や医薬品の臨床開発職に必要な専門科目を履修します。4年次からは各研究室に配属され少人数での特別実習が行われますが、4年次後期には事前実務実習と共用試験(OSCE, CBT)があります。5年次には、病院と薬局の実務実習があります。6年次後期には薬剤師国家試験受験のための医療薬学特別演習があります。

平成29年度薬学部授業案内

平成29年度薬学部生が履修しなければならない普遍科目

学年 普遍科目
1年次 情報処理、生物学、薬学への招待I、薬学への招待II、物理学基礎実験I

平成29年度薬学部専門科目(薬学科:6年制コース)

学年 専門科目
1年次 基礎化学・生物学、有機化学I、有機化学II、物理化学I、生物化学I、分析化学I、チーム医療I、機能形態学、薬理学I、有機化学演習I、生物化学演習
2年次 生物化学II、生物化学III、生物化学IV、有機化学III、有機化学IV、物理化学II、物理化学III、分析化学II、細胞生物学I、薬理学II、薬理学III、薬剤学I、薬剤学II、生薬学、衛生薬学I、微生物学・感染症学、推測統計学、有機化学演習II、薬学総合演習、チーム医療II、一般実習(分析化学実習、有機化学実習、薬用資源学実習)
2年次以降 企業等インターンシップ
3年次 薬剤学III、薬剤学IV、細胞生物学II、免疫学、化学療法学、衛生薬学II、医薬品安全性学、臨床薬物動態学、臨床薬理学、疾病学I、疾病学II、臨床検査・診断薬学、遺伝子応用学、分析化学III、分子イメージング薬剤学、製剤工学、医薬化学、天然物化学、有機化学V、機能性分子化学、医薬品合成化学、物理化学IV、薬品物理化学、薬剤師と地域医療、チーム医療III、一般実習(物理化学実習、生物化学実習I、生物化学実習II、製剤・薬剤学実習、衛生・放射薬学実習、薬理学実習、医療薬学実習)
4年次 薬物治療学I、薬物治療学II、調剤学、医療薬学、病態治療学、衛生薬学III、薬事法規・薬局方・制度行政学、医薬品臨床開発、チーム医療IV、臨床薬学演習I、臨床薬学演習II、臨床薬学演習III、事前実務実習、特別実習I
5年次 病院実習、薬局実習、特別実習II
6年次 薬学特別演習I、薬学特別演習II、特別実習III

平成29年度薬学部専門科目(薬科学科:4年制コース)

学年 専門科目
1年次 6年制コースと共通
2年次 6年制コースと共通
2年次以降 6年制コースと共通
3年次 薬剤学III、薬剤学IV、医薬化学、天然物化学、有機化学V、機能性分子化学、医薬品合成化学、物理化学IV、分析化学III、薬品物理化学、分子イメージング薬剤学、製剤工学、細胞生物学II、遺伝子応用学、化学療法学、衛生薬学II、免疫学、医薬品安全性学、臨床薬物動態学、臨床薬理学、疾病学I、疾病学II、臨床検査・診断薬学、チーム医療III、薬事法規・薬局方・制度行政学、一般実習(物理化学実習、生物化学実習I、生物化学実習II、製剤・薬剤学実習、衛生・放射薬学実習、薬理学実習、医療薬学実習)
4年次 薬物治療学I、薬物治療学II、病態治療学、衛生薬学III、医薬品臨床開発、チーム医療IV、特別実習