教員情報
氏名 高屋 明子
フリガナ タカヤ アキコ
職名 准教授
学位 博士(薬学)
研究室 微生物薬品化学
電話番号 043-226-2927
メールアドレス akiko@faculty.chiba-u.jp (@は全角表記)
担当講義 生物化学III
微生物学・感染症学
化学療法学
分子生命科学
遺伝子応用学
生物化学演習I
生物化学実習I
事前実務実習
医療薬学演習I、II、III
専門分野 微生物学
感染症学
分子遺伝学
生物化学
研究テーマ AAA+プロテアーゼによるサルモネラ病原性発現制御機構の解明
臨床分離グラム陽性菌の薬剤耐性機構に関する研究
主な研究業績 Takaya, A. (2013) Regulation of Salmonella pathogenesis by effectors of Salmonella pathogenicity island 1 and 2. Antibiotics & Chemotherapy. 29: 62-71.

Yamamoto, T., Takaya, A. (2013) Studies on the molecular mechanism of Salmonella infection. Antibiotics & Chemotherapy. 29: 473-115.

Takaya, A., Erhardt, M., Karata, K., Winterberg, K., Yamamoto, T., Hughes, KT.(2011) YdiV: a dual function protein that targets FlhDC for ClpXP-dependent degradation by promoting release of DNA-bound FlhDC complex. Mol Microbiol. 83, 1268-84.

Sato, Y., Takaya, A., Yamamoto, T.(2011) Meta-analytic approach to the accurate prediction of secreted virulence effectors in gram-negative bacteria. BMC Bioinformatics14, 442.

Kitagawa, R., Takaya, A., Yamamoto, T.(2011) Dual regulatory pathways of flagellar gene expression by ClpXP protease in enterohaemorrhagic Escherichia coli. Microbiology. 157: 3094-3103.
所属学会 日本細菌学会
日本薬学会
American Society for Microbiology
学外での教育・研究活動 日本細菌学会評議員
認定実務指導薬剤師養成ワークショップ(2007)