教員情報
氏名 石川 雅之
フリガナ イシカワ マサユキ
職名 助教
学位 学士 (薬学)
研究室 実務薬学
電話番号
メールアドレス z7p1008@chiba-u.jp(@は全角表記)
担当講義 調剤学
専門職連携T
専門職連携U
専門職連携V
専門職連携W
医療薬学実習
事前実務実習
医療薬学演習T
医療薬学演習U
医療薬学演習V
薬局実習
病院実習
専門分野 医療薬学
研究テーマ 薬物動態を考慮した医薬品適正使用に関する研究
主な研究業績

Kobayashi K, Kajiwara E, Ishikawa M, Oka H, Chiba K. Identification of CYP isozymes involved in benzbromarone metabolism in human liver microsomes. Biopharm Drug Dispos. 2012 Nov;33(8):466-73.

Kobayashi K, Kajiwara E, Ishikawa M, Mimura H, Oka H, Ejiri Y, Hosoda M, Chiba K. Cytotoxic effects of benzbromarone and its 1’-hydroxy metabolite in human hepatocarcinoma FLC4 cells cultured on micro-space cell culture plates. Drug Metab Pharmacokinet. 2013 Dec;28(3):265-8

Yamazaki S, Suzuki T, Suzuki T, Takatsuka H, Ishikawa M, Hattori N, Fujishiro T, Oami T, Ariyoshi N, Oda S, Matsubara H, Ishii I. An extremely high bioavailability of orally administered vancomycin in a patient with severe colitis and renal insufficiency. Journal of Infection and Chemotherpy. 2017 Dec;23(12):848-51.

Ishikawa M, Kajiwara E, Aizawa T, Shibuya M, Furihata T, Kobayashi K, Oka H, Chiba K. Identification of novel metabolic pathways that are potentially involved in benzbromarone-induced hepatotoxicity. 第27回日本薬物動態学会 (2012年11月)

石川雅之, 山崎伸吾, 鈴木貴明, 石井伊都子. 髄液移行性を考慮したバンコマイシンの適正使用に関する検討. 第34回日本TDM学会 (2017年9月)


所属学会 日本医療薬学会
日本薬物動態学会
日本TDM学会
学外での教育・研究活動