教員情報
氏名 石橋 正己
フリガナ イシバシ マサミ
職名 教授
学位 理学博士
研究室 活性構造化学(医薬系総合研究棟U・4階)
電話番号 043-226-2923
メールアドレス mish@chiba-u.jp (@は全角表記)
担当講義 天然物化学
有機化学X
分析化学U
薬学への招待T
基礎化学B
社会のなかのくすり
天然分子構造学特論
創薬生命科学基礎概論T
国際創薬科学特論
専門分野 天然物化学
有機化学
研究テーマ 生物活性天然物の探索
主な研究業績

M. Ishibashi, "Bioactive heterocyclic natural products from actinomycetes having effects on cancer-related signaling pathways" Progress in the Chemistry of Organic Natural Products, Kinghorn, A. D.; Falk, H.; Kobayashi, J. (Eds.); Springer; Wien, 2014, Vol. 99

Park, H.-Y.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; Ishibashi, M. "Calotropin: a cardenolide from Calotropis gigantea that inhibits Wnt signaling by increasing casein kinase 1α in colon cancer cells" ChemBioChem 2014, 15, 872-878

石橋正己(翻訳),有機スペクトル解析ワークブック,東京化学同人,2014

Arai, M. A.; Fujimatsu, T.; Uchida, K.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; Ishibashi, M. "Hh signaling inhibitors from Vitex negundo, naturally occurring inhibitor of GLI1-DNA complex" Mol. BioSyst. 2013, 9, 1012-1018


M. Ishibashi, "Bioactive Heterocyclic Natural Products from Actinomycetes Collected in Chiba Area Isolated in Screening Programs Targeting Signaling Pathways", 13th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds; September 25, 2013, Kawaguchiko

所属学会 日本薬学会
日本生薬学会
日本化学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会
アメリカ生薬学会
学外での教育・研究活動

日本薬学会学術誌部門長(生薬・天然物化学部門)(2013-),日本生薬学会総務理事(2014-),天然有機化合物討論会世話人(2004-),香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会幹事(2013-)
筑波大学(大学院生命環境科学研究科)非常勤講師(2013),静岡県立大学(大学院食品栄養環境科学研究院)非常勤講師(2012)
公開講座:柏の葉千葉学講座(2013),千葉市科学フェスタ(2011)
高校講義:千葉県立佐原高校(2013),千葉県立東葛飾高校(2012),東京都立小松川高校PTA(2012),茨城県立並木中等教育学校(2012),栃木県立宇都宮女子高校(2012),千葉県立成東高校(2011)