教員情報
氏名 青木 康展
フリガナ アオキ ヤスノブ
職名 客員教授
学位 薬学博士
研究室 環境リスク(国立環境研究所)
電話番号 029-850-2942
メールアドレス ybaoki@nies.go.jp (@は全角表記)
担当講義 環境毒性学特論
専門分野 毒性学
研究テーマ 環境化学物質の作用により生体内で発生する突然変異の解析
環境リスク評価の方法論
主要な研究業績 Y. Aoki. Health risk assessment of air pollutants: Air pollutant genotoxicity and its enhancement by suppression of phase II drug-metabolizing enzymes. Gene. Environ. (2012) 34, 186-190

J. Kawahara, C. Tanaka, C. Tanaka, Y. Aoki and J. Yonemoto. Daily inhalation rate and time-activity/location pattern in Japanese preschool children. Risk Anal. (2012) 32, 1595-1604

K.Amanuma, S.Tone, M.Nagaya, M.Matsumoto, T.Watanabe, Y.Totsuka, K.Wakabayashi and Y.Aoki. Mutagenicity of 2-[2-(acetylamino)-4-[bis(2-hydroxyethyl)amino]-5- methoxyphenyl]-5-amino-7-bromo-4-chloro-2H-benzotriazole (PBTA-6) and benzo[a]pyrene (BaP) in the gill and hepatopancreas of rpsL transgenic zebrafish. Mutat. Res. (2008) 656, 36-43

Y. Aoki, A.H. Hashimoto, K. Amanuma, M. Matsumoto, K. Hiyoshi, H. Takano, K. Masumura, K. Itoh, T. Nohmi and M. Yamamoto. Enhanced spontaneous and benzo(a)pyrene-induced mutations in the lung of Nrf2-deficient gpt delta mice. Cancer Res. (2007) 67, 5643-5648.

青木康展 環境中の化学物質と健康 裳華房 東京 (2007)
所属学会 日本薬学会
環境変異原学会
日本生化学会
環境科学会
大気環境学会
日本水環境学会
日本リスク研究学会
Society of Toxicology、Environmental Mutagenesis and Genomics Society
学外での教育・研究活動 北里大学大学院薬学研究科非常勤講師
上智大学大学院地球環境学研究科非常勤講師
長浜バイオ大学非常勤講師
Associate Editor, Toxicology and Applied Pharmacology