HOME > 薬学部の概要 > 本学の概要・歴史

薬学部の概要

本学の概要・歴史

本学の概要

 千葉大学薬学部は、我が国で最も歴史のある薬学部であり、その歴史は明治23(1890)年に設置された第一高等中学校医学部薬学科まで遡ります。明治34(1901)年に千葉医科大学附属薬学専門部と改称され、昭和24 (1949)年に現在の名称である千葉大学薬学部となりました。昭和39(1964)年には大学院薬学研究科が設置され、いくつかの改組を経て、平成13(2001)年に現在の形である研究組織の薬学研究院と教育組織の大学院医学薬学府が設置されました。本学は、開設以来、製薬企業や化学工業などの医療産業界、病院や薬局などの医療機関、国や地方公共団体などの行政機関、そして大学や研究所などの教育・研究機関に多くの優れた人材を輩出してきました。これは本学の大きな誇りとするところです。
 平成23(2011)年には、亥鼻に新しく竣工した医学薬学系総合研究棟へと移転し、医学部、薬学部、看護学部の医療系の学部が同一地区に集結した全国的にも希な医療系教育・研究キャンパスが構築され、3学部が協働して専門職連携教育を行っています。
 近年、薬剤師の職能が従来に比べて高度で多岐にわたり、高度な薬剤師の輩出が社会から要望されてきました。こうした社会の要請に対応すべく、平成18年度から薬学6年制教育が開始されました。本学部も創薬研究者の育成を主眼とする4年制の薬科学科と、薬剤師や開発・医療行政従事者の育成を主眼とする6年制の薬学科の2学科を併設しています。入学試験では両学科を区別せずに一括で行い、1年次と2年次は共通の講義科目を履修するところに本学の特徴があります。2年間の講義等を通して将来の進路を考え、3年次進学時に自身の希望に応じていずれかの学科を選択します。それぞれの学科により将来の進路が異なりますが、両学科ともに、知識や技能の修得だけでなく、問題解決能力を身に付けたグローバルに活躍する人材の育成を目的としています。両学科ともに大学院が設置されており、より高度な専門教育が行われています。
 「くすり」を介して人類の健康と福祉に対してグローバルに貢献する意欲のある方、本学で共に未来に向かって歩みましょう。

本学の歴史(沿革)

 千葉大学薬学部の校舎は、亥鼻キャンパスにあります。亥鼻キャンパスには、薬学部以外にも医学部、看護学部、医学部附属病院等があり、医療に関わる研究教育に充実した環境が整っています。
 本薬学部は、昭和24年(1949年)に新制総合大学として千葉大学が発足した際、千葉医科大学附属薬学専門部を基礎として誕生し、現在に至っていますが、その源は明治23年(1890年)に第一高等中学校医学部に薬学科が設置された時に始まります。昭和39年(1964年)に大学院薬学研究科修士課程、昭和54年(1979年)に同博士課程が併設され、昭和62年(1987年)に旧生物活性研究所から、3研究室が加わって17研究室(病院薬学研究室を含む)になりました。さらに平成6年(1994年)には大きな大学改革に伴って、旧教養部からの2研究室と薬用植物園の改組により発足した2研究室が新たに加わりました。その後、平成8年(1996年)、平成13年(2001年)の改組を得て、合計21研究室(2つの連携講座を含む)全国の薬学部の中で最も大きな規模を有する学部の一つとなりました。特に平成13年(2001年)には、それまでの薬学部、薬学研究科の組織から、研究組織として薬学研究院が、教育組織として薬学部、医学薬学府(大学院)がそれぞれ設置され、薬学と医学の新たな連携が図られております。創立120周年を迎えた今、21世紀の社会の要請に応えるべく、研究分野の見直しを含め、新たなビジョンの下で極めて活発な研究・教育活動が行われています。

旧校舎の屋根飾り
旧猪之鼻学舎は大正7年(1918年)に亥鼻町に建設され、昭和41年(1966年)に西千葉地区に移転するまで使用されていました。平成23年(2011年)に亥鼻地区への移転に伴い、薬学部のシンボルとして移設されました。