HOME > 薬学部の概要 > 理念・目的・教育理念

薬学部の概要

理念・目的・教育理念

理念・目的

薬学は自然科学の一分野であるが、基礎科学とは少し異なり、生命や健康について化学的、生物学的さらに物理化学的に研究する総合的な応用科学である。本学部・薬学研究院では、これらの研究により得られた知識や技術などの成果をもって人類の健康、福祉に貢献することを目的とする。

【千葉大学薬学部規程 第1条の2】
本学部は、薬学及び関連する分野の学識を深化させ、薬学職業人としての活動を行うために必要な専門的知識、研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うとともに、全人的視野に立つ医療従事者、薬学的知識を持つ専門家を育成することを目的とする。

教育理念

薬学科

薬剤師の資格と研究能力を生かし、薬学の教育・研究・薬事・医療行政、医薬品の開発を担う人材を育成する。また、チーム医療のなかで職能を発揮し活躍できる高い研究マインドを持ち、指導的立場に立てる薬剤師を育成する。

薬科学科

製薬企業の研究開発職や公的研究機関、官公庁、大学等の第一線でグローバルに活躍できる研究者を育成する。