HOME > 薬学部の概要 > アドミッションポリシー

薬学部の概要

アドミッションポリシー

千葉大学薬学部の求める受験生

千葉大学薬学部では研究・学問を通じ人類の健康や福祉の促進に貢献する人材の育成を目指しています。
従って,薬学部は以下のような入学者を求めています。

  • 1. 探究心を持ち,既存の知識にとらわれず,論理的に思考できる人
  • 2. 将来大学院に進学し,生命科学や創薬科学の研究者または教育者を目指す人
  • 3. 指導的な立場の薬剤師になることを希望する人
  • 4. 企業や研究機関で世界に通用する研究者を目指す人

入学者選抜の基本方針

千葉大学薬学部では,薬学部の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、受験機会の複数化を保証し、一般入試の他に特別入試として、推薦入試,帰国子女入試(4月入学),9月入学(秋入学)薬科学科帰国子女入試及び私費外国人留学生入試を実施します。それぞれの選抜方式にふさわしい,学力検査,調査書,面接,総合テスト等により,志望者の能力や資質を総合的に評価し,選抜します。

1. 一般入試

  • (1)前期日程
    • 大学入試センター試験の成績〔国語、地理歴史・公民,数学、理科、外国語〕、個別学力検査〔数学、理科、外国語(英語)〕の成績及び調査書の内容を総合して評価します。
  • (2)後期日程
    • 大学入試センター試験の成績〔国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語〕、総合テスト(化学の全般的内容、英語に関する事柄)の成績及び調査書の内容を総合して評価します。

2. 特別入試

  • (1)推薦入試
    • 出身学校長からの提出書類,総合テスト,面接及び大学入試センター試験〔国語,地理歴史・公民,数学,理科,外国語〕により,将来生命科学を基礎とする薬学領域の研究に貢献することが期待できる人物を選抜します。
  • (2)帰国子女入試(4月入学)
    • 海外で学んだ異文化体験を活かしながら本学部で学びたい学生に対して、推薦書、志望理由書、成績証明書、総合テスト、面接等により、総合的に評価します。
  • (3)9月入学(秋入学)薬科学科帰国子女入試
    • 海外で学んだ異文化体験を活かしながら本学部で学びたい学生に対して、推薦書、志望理由書、成績証明書、外国語(英語)(TOEFL又はTOEIC),理科(化学基礎・化学,生物基礎・生物)、面接等により、総合的に評価します。
  • (4)私費外国人留学生入試
    • 日本学生支援機構が実施する日本留学試験、Educational Testing Service(ETS)が実施するTOEFL又はTOEIC、学力試験及び面接により、総合的に評価します。

千葉大学入学までに身につけて欲しいこと

薬学を学ぶ基礎学力として必要な理系科目〔数学、理科〕と外国語に加え、一般及び推薦入試において大学入試センター試験で課す他の教科・科目〔国語と地理歴史・公民〕も学んでください。理科は化学に加え、物理と生物の両科目の履修を希望します。そして、薬学の根底に流れるのは豊かな人間性ですので、それを培う教養もしっかりと身に付けてください。